・キッズページ ・English
   
文字の大きさ
トップページ 記念艦「三笠」 観覧マップ イベント情報 ショッピング 観覧者の声 情報公開資料 リンク
記念艦「三笠」トップページ > 日本海海戦での大活躍
戦艦「三笠」の建造
日本海海戦での活躍
日本海海戦の歴史的意義
記念艦として保存
戦後の荒廃
戦後の復元
御皇室と「三笠」
保存記念式
復元記念式
ご皇室のご観覧
世界の三大記念艦
所在地、アクセス
観覧時間、観覧料金
団体予約(申込)
活動概要及びご入会のお願い
小泉信三先生の思い
「三笠」艦橋の図
 ロシア皇帝は、不利な戦況を挽回するため、明治37年10月、ロジェストウエンスキー中将を指揮官とする第2太平洋艦隊を、次いで翌年2月15日、第3太平洋艦隊をバルト海のリバウ海軍基地から極東に派遣しました。(第2、第3太平洋艦隊の総称がバルチック艦隊です)
 東郷平八郎連合艦隊司令長官は、バルチック艦隊は必ず対馬海峡を通過してウラジオストクに向かうと判断し、朝鮮半島南端の鎮海湾に連合艦隊を集結させ、猛訓練を続けながら待ち構えました。明治38年5月27日早朝、仮装巡洋艦「信濃丸」からの「敵艦隊見ゆ」との警報を受信した連合艦隊は直ちに出撃、対馬沖でバルチック艦隊を迎撃し、5月27、28の両日にわたって激しい戦闘を繰り広げ、ロシア艦隊を撃破、降伏させました。
 この絵画は、東城鉦太郎画伯が日本海海戦直前の旗艦「三笠」艦橋の様子を描いたものであり、東郷平八郎司令長官、加藤友三郎参謀長、伊地知彦次郎艦長、秋山真之作戦参謀、Z旗などが克明に描かれています。
このページの先頭に戻る
2013(公財)三笠保存会 ©All Rights Reserved