・キッズページ ・English
   
文字の大きさ
トップページ 記念艦「三笠」 観覧マップ イベント情報 ショッピング 観覧者の声 情報公開資料 リンク
記念艦「三笠」トップページ > 戦後の荒廃
戦艦「三笠」の建造
日本海海戦での活躍
日本海海戦の歴史的意義
記念艦として保存
戦後の荒廃
戦後の復元
御皇室と「三笠」
保存記念式
復元記念式
ご皇室のご観覧
世界の三大記念艦
所在地、アクセス
観覧時間、観覧料金
団体予約(申込)
活動概要及びご入会のお願い
小泉信三先生の思い
極度に荒廃した「三笠」
 昭和20年8月、大東亜(太平洋)戦争に敗れた我が国に連合軍が進駐し、日本を弱体化するための占領政策を進め、ソ連代表は記念艦「三笠」を解体するよう強硬に要求しました。
 米海軍司令部はソ連の解体要求と日本側の保存要請を考慮し、妥協策として「三笠」の艦橋、大砲、煙突、マストなど上甲板構造物を撤去することを条件として、横須賀市に「三笠」の保存・使用を許可しました。
 ところが、横須賀市から「三笠」及び周辺地の使用を委託された民間企業は、上甲板構造物を撤去した跡に、水族館、ダンスホールなどを設け、「三笠」を遊興施設に変えただけでなく、「三笠」の近くに保管されていた大砲、マストなどを売却してしまったのであります。 戦後の心の荒廃を示すものでした。
 遊興施設は一時賑わいを見せたものの次第に客足が遠のき、「三笠」は手入れされることなく放置され、錆まみれの哀れな鉄屑同然になってしまいました。
このページの先頭に戻る
2013(公財)三笠保存会 ©All Rights Reserved