・キッズページ ・English
   
文字の大きさ
トップページ 記念艦「三笠」 観覧マップ イベント情報 ショッピング 観覧者の声 情報公開資料 リンク
記念艦「三笠」トップページ > 小泉信三先生の思い
所在地、アクセス
観覧時間、観覧料金
団体予約(申込)
活動概要及びご入会のお願い
小泉信三先生の思い
小泉信三先生の思い
小泉信三先生(1888~1966)慶応義塾大学塾長、東宮御教育常時参与 今上天皇が皇太子殿下当時のご教育に当たられた小泉信三先生は、三笠保存会設立時の総会において、次のとおり「三笠」復元の強い思いを話されています。
 『自尊自重の精神のない国民が、他国の人々の侮りを受けるのは当然であり、自らを重んずる精神のないものは、弱小のものに対しては不遜となり、強大なものに対しては卑屈になることは避けがたいことであります。
 他国の武力に屈するのやむなきに至った日本人は国民としての誇りを失い、心の支えを失って、退廃に陥りました。道徳的努力を無意味なものとして嘲る思想、ひたすら官能の満足を追い求める傾向、さらに、何者かに媚びる気持ちから、しきりに日本及び日本人を侮り嘲る風潮が生じています。
 記念艦「三笠」が元の姿に復元され、自尊自重の精神を取り戻すことができることは、申しようもない喜びであります』
               
小泉信三先生の切々たるお気持ちが伝わってきます。

このページの先頭に戻る
2013(公財)三笠保存会 ©All Rights Reserved